寝違えてしまったら、アイシングで冷やそう

公開日: : 寝違え解消法

寝違えにはアイシングが効く

寝違えた時は、温めるよりも、冷やす方が効果的だというのはご存知でしたか?

筋肉の炎症や痛みというのは、冷やすか温めるかすると、改善されていくものですが、その症状によって、冷やした方がよかったり、温めた方がいい場合など、様々ですので、その時によって、正しい治療法を使い分けていかなければなりません。

基本的には、長期的に続いていくような慢性的な痛みには、温める方が適しており、急性の痛みには、冷やすのが効果的なのです。

冷やす時は、、湿布療法を用いるのでも勿論いいのですが、アイシングなどを利用した冷却方法もおすすめです。

アイシングは、急に発生した痛みなどによく効き、とても効率良く、その痛みを和らげてくれるのです。

目の痛みを感じる時も、アイシングなどを目に乗せて、少し安静にしていると、目の痛みもとても和らいでいきますよね。

それと同じような感覚です。

寝違えというのは、下手にケアをしてしまうと、更に悪化してしまいますので、アイシングなどで冷やして寝違えを克服しようとする時でも、冷やし過ぎには気を付けるようにしましょう。

冷やすと寝違えは治りやすい

寝違えというのは、慢性的な痛みやこりとは異なり、急性的なものなので、冷却させて治療していく事が求められるのです。

冷やすと、寝違えは治りやすくなりますが、適度な冷やし具合が一番よく効きますので、極端に冷却させないように注意しましょう。

寝違えた時すぐは、湿布を貼ったり、アイシングを使うなどして冷やしていくのがおすすめですが、例えば、入浴後でしたら、濡れたタオルを寝違えた部分に起き、荒熱をとるようにするといいでしょう。

関連記事

no image

寝違えを温めて治すは間違い!?

寝違えた部分は冷やすのか温めるのか 寝違えた時は、その部分を冷やせばいいのか、それとも温めればいい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
間違ったマッサージは危険!

寝違えた時のマッサージは危険? 寝違えた時、つい、自分でその部分を揉

no image
寝違えてしまったら、アイシングで冷やそう

寝違えにはアイシングが効く 寝違えた時は、温めるよりも、冷やす方が効

no image
寝違えを温めて治すは間違い!?

寝違えた部分は冷やすのか温めるのか 寝違えた時は、その部分を冷やせば

no image
今すぐできる4つの寝違え予防法

冷やして治していこう 寝違えというのは、長期的に続いていく痛みとは異

→もっと見る

PAGE TOP ↑