今すぐできる4つの寝違え予防法

公開日: : 寝違え防止対策

冷やして治していこう

寝違えというのは、長期的に続いていく痛みとは異なり、比較的すぐ痛みがおさまりやすい痛みです。

湿布などを利用して、アイシングケアをしていく事で、このような一時的な炎症はひいていく事が期待できるのです。

寝違えでは首などを痛めやすいものです。

その首の部分に、直接湿布を張ってあげましょう。

ひんやりと気持ちよく感じられ、首の筋肉や神経の炎症も和らいでいき、結果的に、寝違えによる痛みがひいていくのです。

ツボ押しをしよう

寝違えた時は、激しい運動などはすすめられません。

安静にしている事が一番です。しかし、適度なストレッチであれば、寝違えにも効果的だと言われています。

マッサージについては、一般の方が自分なりに行ってしまうと、逆効果となってしまう事もあるので、危険性も高く、あまりすすめられないのですが、ツボを得たマッサージなどをしていけば、それだけ効率良く、痛みを緩和させていく事ができるのです。

朝シャンが効果的です

寝違えは、起床時に一番強くその痛みを感じるものです。

朝に軽くシャワーを浴びる事も、寝違えの時には、とても効果的な方法なのです。ぬるま湯を首などにあててみましょう。

3~5分シャワーをあてていく事によって、治療に役立てていくと、とても効果的に寝違えを治していく事ができるのです。

やっぱり安静が一番

寝違えた時は、運動も控え、ストレッチやマッサージも特にせず、安静にしているだけというだけでも、痛みはひいていきます。

ゆっくり休み、首の神経や筋肉の炎症を休ませてあげましょう。

関連記事

no image

間違ったマッサージは危険!

寝違えた時のマッサージは危険? 寝違えた時、つい、自分でその部分を揉んでしまったりと、マッサージし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
間違ったマッサージは危険!

寝違えた時のマッサージは危険? 寝違えた時、つい、自分でその部分を揉

no image
寝違えてしまったら、アイシングで冷やそう

寝違えにはアイシングが効く 寝違えた時は、温めるよりも、冷やす方が効

no image
寝違えを温めて治すは間違い!?

寝違えた部分は冷やすのか温めるのか 寝違えた時は、その部分を冷やせば

no image
今すぐできる4つの寝違え予防法

冷やして治していこう 寝違えというのは、長期的に続いていく痛みとは異

→もっと見る

PAGE TOP ↑